住吉大社へ行ってきました

2012.6.13

全国に約2300ある住吉神社の総本社

住吉大社01

境内に入るとまず飛び込んでくるのはアーチがきれいな反橋(そりばし)です。

住吉大社02

住吉の象徴として有名なこの橋は太鼓橋(たいこばし)とも呼ばれています。急な角度になっているため上るよりも下りる時が怖いかもしれません。

住吉大社03

住吉大社04

反橋を渡ると住吉鳥居があります。円柱で作られておらず、四角柱で構成されているため、角鳥居とも呼ばれ、大変珍しい様式の鳥居だそうです。

住吉大社05

鳥居を抜けると総本殿があります。国宝である総本殿には第一本宮~第四本宮まで4つの御本殿があり、それぞれ違う神様が祀られています。こちらは第一本宮です。

住吉大社06

こちらは第二本宮です。

住吉大社07

こちらは第三本宮です。

住吉大社08

こちらは第四本宮です。
住吉大社の神様は禊祓いで産まれた神様とのことで、神道の中でも最も大事なおはらいをつかさどる神様だそうです。

総本殿の中にはこんなものもありました。

住吉大社09

一寸法師発祥の地が住吉大社だそうです。物語の冒頭で、住吉大明神にお祈りして子供を授かるところから始まるからだそうです。

住吉大社10

住吉大社11

お椀の中にも入れるみたいです。一寸法師気分が味わえます。

帰りに反橋の横の狛犬を見ると猫が気持ち良さそうに眠っていました。

こま猫タロー01

こま猫タロー02

こま猫タロー03

こま猫タロー04

近づいてみると、狛犬ならぬこま猫タローという猫でした。たくさんの人が寄って見ていましたが、全然起きる気配がなく、みんなに寝顔をふりまいていました。近所の方がよく散歩で連れてきているそうです。

路面電車 阪堺電気軌道株式会社

住吉大社は街中にあり、そばには天王寺-堺間を繋ぐ大阪唯一の路面電車である阪堺電車が走っています。

昭和へタイムスリップしたかのようです。年末年始は200万人ほどの人が参拝されるそうで、境内は人であふれるそうです。

お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。

コメント

この記事にコメントしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新記事

2019.07.10工事情報
東寺五重塔工事情報五重塔が工事中です
2019.07.08工事情報
清水寺本堂工事定点観測53清水定観53
2019.06.03工事情報
清水寺本堂工事定点観測52清水定観52
2019.05.13工事情報
平等院鳳凰堂工事状況平等院鳳凰堂の工事が始まりました
2019.05.10工事情報
清水寺本堂工事定点観測51新緑の季節です。
2019.04.24観光情報
奈良公園観光バス駐車場情報バスターミナル開業です
2019.04.04工事情報
清水寺本堂工事定点観測50桜はこれからしばらく楽しめます
2019.03.28桜情報
清水寺桜開花情報ちらほら咲き始めています
2019.03.12観光情報
奈良公園観光バス駐車場情報新たにバスターミナルができます
2019.03.04工事情報
清水寺本堂工事定点観測49梅が見頃です
2019.02.21工事情報
嵐山河川整備状況渡月橋付近にて
2019.02.21工事情報
法隆寺工事情報中門が綺麗になっています
2019.02.12工事情報
清水寺本堂工事定点観測48梅がほころんできています
2019.02.01工事情報
知恩院工事情報知恩院の御影堂がきれいになりました
2019.02.01工事情報
清水寺工事情報清水寺の外陣が元に戻っています
2019.02.01工事情報
仁和寺工事情報観音堂の修復が終わりました
2019.01.21おしらせ
料金表2019年度版できましたPDFをダウンロードできます。
2019.01.16工事情報
清水寺本堂工事定点観測47清水定観47
2018.12.06工事情報
清水寺本堂工事定点観測46清水定観46
2018.11.06工事情報
首里城正殿現状漆の塗り直し作業中です
ページトップへ