東京探訪 東京スカイツリー編

2012.3.12

浅草寺へ行った後、東京スカイツリーへ

今回は、前回のつづきです。

遠くからでもひときわ目立つ東京スカイツリー

遠くからでもひときわ目立ちます。ツリーの真下まで行ってみました。

東京スカイツリーの真下

非常に大きいです。もちろんまだ周りは工事中で、周囲をフェンスで囲われていましたが、結構見物人はいらっしゃいました。上に見えているすり鉢状の部分が地上350mにある展望デッキです。その上にも天空回廊というデッキがあります。(地上450m)

高さは634mあり、これは世界一高いタワーとしてギネスに認められているそうです。「634」という数字には意味があり、東京スカイツリー公式ホームページには【「634=むさし」の響きは日本人にとってなじみ深い言葉であるだけでなく、旧国名のひとつで、東京・埼玉・神奈川の一部を含む大規模な地域を指す武蔵国を連想させます。東京スカイツリーが立つエリアも、歴史をひも解くとかつては武蔵国でした。タワーからは武蔵国を望むことができ、展望台に上ると目の前には、いにしえの風景がよみがえり、江戸の東、東京の東という歴史性や地域性に思いを馳せていただけると思います。】と記されていました。

東京スカイツリーの隣にイーストタワー
スカイツリーの隣にも新しい大きなビルが建っていました。調べてみると、イーストタワーというもので、地上31階 地下3階のオフィスビルだそうです。2012年春オープン予定。工事中のフェンスも右下に少し見えております。

スカイツリーの下は整備された小川

スカイツリーの下は整備された小川が流れており、遊歩道もついていました。噴水も見えます。撮影した側の岸には、おしゃれなカフェや鯛焼き屋さん等スカイツリーを見物する絶好のポイントになりそうな場所もありました。

スカイツリーを見物する絶好のポイントになりそうな場所1
スカイツリーを見物する絶好のポイントになりそうな場所2 width=

スカイツリーの下部のビルは「東京ソラマチ」と題して、レストランやショッピングのできる商業施設となるそうです。

オープンは2012年5月22日(火)予定です。3月22日(木)から個人入場券の受付も開始されるそうです。

ちなみに5月22日~7月10日までは完全予約期間とのことで当日券の販売は無いそうです。予約されて入場券を購入できた方のみが入場できるそうです。7月11日から通常営業開始とのことで、それから当日券の販売が始まるそうです。見に行かれる予定の方は注意してください。

詳しくはホームページをご覧ください。

『東京スカイツリーオフィシャルサイト』
http://www.tokyo-skytree.jp/

コメント

この記事にコメントしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新記事

2020.04.15工事情報
清水寺本堂工事定点観測75清水定観75
2020.04.15工事情報
清水寺本堂工事定点観測74清水定観74
2020.03.30工事情報
清水寺本堂工事定点観測73清水定観73
2020.03.25工事情報
清水寺本堂工事定点観測72清水定観72
2020.03.19工事情報
清水寺本堂工事定点観測71清水定観71
2020.03.09工事情報
清水寺本堂工事定点観測70清水定観70
2020.03.03工事情報
清水寺本堂工事定点観測69春の夜間特別拝観は実施する予定です
2020.02.25工事情報
清水寺本堂工事定点観測68清水の舞台のお目見えです
2020.02.18工事情報
清水寺本堂工事定点観測67清水寺定点観測も丸2年になりました
2020.02.10工事情報
清水寺本堂工事定点観測66清水定観66
2020.02.03工事情報
清水寺本堂工事定点観測65清水定観65
2020.01.28工事情報
清水寺本堂工事定点観測64清水定観64
2020.01.21おしらせ
正社員フォトスタッフ募集中です採用情報
2020.01.21工事情報
清水寺本堂工事定点観測63清水定観63
2020.01.15おしらせ
料金表2020年度版ができましたPDFをダウンロードできます
2020.01.14工事情報
清水寺本堂工事定点観測62清水定観62
2020.01.07工事情報
清水寺本堂工事定点観測612020年最初の定点観測です
2019.12.24工事情報
清水寺本堂工事定点観測60木組みの中の屋根が眺められます
2019.12.18工事情報
首里城現況利用可能区域が増えました
2019.12.16工事情報
清水寺本堂工事定点観測59素屋根の撤去工事が始まりました
ページトップへ