正倉院展に行ってきました

2012.10.29

10月27日から正倉院展が始まりました。

奈良県国立博物館へ訪れる機会がありましたので初日に行ってきました。

東大寺境内にあります正倉院には、1250年前の宝物が現在まで、9000件以上も大切に守られています。その宝物の一部を年に1回公開するのが「正倉院展」です。

今年で64回目を数え、10月27日から11月12日までの17日間、奈良市の奈良国立博物館にて開かれます。

正倉院展チラシ

今年の目玉は、上のチラシにも載っています「瑠璃杯(るりのるき)」です。

昔社会の教科書に載っていたのを覚えていたので、非常に楽しみでした。なんと18年ぶり2回目の出陳とのことです。正倉院展では、2回目の出陳は10年以上期間を空けられるので、ほぼ毎回違う宝物を見ることができ、リピーターも非常に多いそうです。

地元の方曰く、「通常3時間待ちぐらいが普通ですが、初日は皆混むと考えて敬遠するのか案外空いてるんですよ」という言葉を信じ向かいました。

正倉院展の長蛇の列1

正倉院展の長蛇の列2

現場はこんな感じで長蛇の列・・・。でしたが、3時間待ちということはなく、45分待ちでした。案外行列はスムーズに前へ進み中へ入れましたので、やっぱり初日は穴場のようです。

残念ながら中は撮影禁止の為写真はありませんが、瑠璃杯ありましたよ!間近で見る行列と少し離れて見る行列ができており、せっかくなので間近で見る行列に並んで、かぶりつきで見てきました。思っていたよりもすごく小さかったのですが、コバルトブルーの輝きはとてもきれいでした。

近くの広場では、イベントもしており、せんとくんも来ていました。

せんとくん大接近!

秋の装いでしょうか。頭にモミジが乗っかっています。ちゃんと服も着ていました。

子供と触れ合うせんとくん

子供と触れ合うせんとくん。

地元の方曰く「初日以外であれば閉館時間ぎりぎりが並ばずに入れる穴場ですよ」とのこと。機会があれば是非貴重な宝物を見に行かれてください。

イベント情報:第64回正倉院展

会期:平成24年10月27日(土)~平成24年11月12日(月)
場所:奈良国立博物館
   〒630-8213 奈良市登大路町50 TEL050-5542-8600
開館時間:午前9時~午後6時(金土日祝日は午後7時まで)※入館は閉館30分前まで
Web:第64回正倉院展|奈良国立博物館

観覧料金 当日(個人) 前売・団体 オータムレイト
一般 1,000円 900円 700円
高校・大学生 700円 600円 500円
小・中学生 400円 300円 200円

※団体は20名以上です
※オータムレイトとは、閉館1時間30分前より販売する当日券です。購入者には記念品が進呈されます。


大きな地図で見る

コメント

この記事にコメントしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新記事

2019.03.12観光情報
奈良公園観光バス駐車場情報新たにバスターミナルができます
2019.03.04工事情報
清水寺本堂工事定点観測49梅が見頃です
2019.02.21工事情報
嵐山河川整備状況渡月橋付近にて
2019.02.21工事情報
法隆寺工事情報中門が綺麗になっています
2019.02.12工事情報
清水寺本堂工事定点観測48梅がほころんできています
2019.02.01工事情報
知恩院工事情報知恩院の御影堂がきれいになりました
2019.02.01工事情報
清水寺工事情報清水寺の外陣が元に戻っています
2019.02.01工事情報
仁和寺工事情報観音堂の修復が終わりました
2019.01.21おしらせ
料金表2019年度版できましたPDFをダウンロードできます。
2019.01.16工事情報
清水寺本堂工事定点観測47清水定観47
2018.12.06工事情報
清水寺本堂工事定点観測46清水定観46
2018.11.06工事情報
首里城正殿現状漆の塗り直し作業中です
2018.11.02工事情報
清水寺本堂工事定点観測45清水定観45
2018.10.26工事情報
渡月橋修復完了工事が終わりました
2018.10.22観光情報
興福寺中金堂落成ライトアップも
2018.10.19工事情報
嵐山工事状況欄干の工事がまもなく終了
2018.10.15観光情報
三十三間堂 千体仏国宝指定記念拝観仏像が1001体
2018.10.09工事情報
清水寺本堂工事定点観測44清水定観44
2018.09.28工事情報
嵐山渡月橋復旧工事状況欄干を直しています
2018.09.26工事情報
厳島神社工事状況舞台上にシートがかかっています
ページトップへ