二条城唐門の修理が完了

2013.9.3

カテゴリ:工事情報 / タグ:, ,

1年9カ月におよぶ修理がついに完了

8月28日修理完了し通り抜けが出来るようになりました。

二条城は平成23年度から工期20年間の予定で、本格修理事業が始まっています。その第一弾として平成23年12月から二の丸御殿唐門・築地保存修理工事が行われていました。前回の唐門修理は昭和48年~50年度に行われたそうです。

修理は、飾金具修理、檜皮葺の葺き替え、漆塗の塗り替え、彫刻修理が行われたそうです。

飾金具修理では、表面の錆を希硫酸で落し、水洗いした後、金箔押し、墨差し、そしてクリヤー樹脂にてコーティングを行ったそうです。彫刻修理では、37個の彫刻を下地から塗り直し、1619箇所の復元修理を行い、使用した金箔は合計11400枚とのこと。

とっても美しい仕上がりでした。

また、今回の保存修理工事中に、垂木鼻先金具で菊紋の下に葵紋が見つかったことが新聞などで報じられました。前回修理(昭和48年~50年度)で破風飾金具の菊紋裏に同様の葵紋があることは知られていたそうですが、垂木鼻先金具で菊紋の下に葵紋が見つかったのは今回が初めてだったそうです。

京都にお越しの際は是非、美しくなった二の丸御殿唐門をご堪能ください。


大きな地図で見る


『【広報資料】(お知らせ)二条城二の丸御殿唐門・築地保存修理工事完成及び唐門開通について―菊紋の下に隠された葵の御紋―』
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000154207.html

『世界遺産・二条城一口城主募金』
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/bokin/bokintop.html

『荘厳な姿よみがえる 京都・二条城で唐門の修理が完了』
http://www.asahi.com/culture/update/0828/OSK201308280009.html

コメント

この記事にコメントしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新記事

2019.10.02工事情報
清水寺本堂工事定点観測56清水定観56
2019.09.06工事情報
三十三間堂本堂工事情報修復工事をしています
2019.09.03工事情報
清水寺本堂工事定点観測55特別展が開催されています
2019.08.05工事情報
清水寺本堂工事定点観測54清水定観54
2019.07.10工事情報
東寺五重塔工事情報五重塔が工事中です
2019.07.08工事情報
清水寺本堂工事定点観測53清水定観53
2019.06.03工事情報
清水寺本堂工事定点観測52清水定観52
2019.05.13工事情報
平等院鳳凰堂工事状況平等院鳳凰堂の工事が始まりました
2019.05.10工事情報
清水寺本堂工事定点観測51新緑の季節です。
2019.04.24観光情報
奈良公園観光バス駐車場情報バスターミナル開業です
2019.04.04工事情報
清水寺本堂工事定点観測50桜はこれからしばらく楽しめます
2019.03.28桜情報
清水寺桜開花情報ちらほら咲き始めています
2019.03.12観光情報
奈良公園観光バス駐車場情報新たにバスターミナルができます
2019.03.04工事情報
清水寺本堂工事定点観測49梅が見頃です
2019.02.21工事情報
嵐山河川整備状況渡月橋付近にて
2019.02.21工事情報
法隆寺工事情報中門が綺麗になっています
2019.02.12工事情報
清水寺本堂工事定点観測48梅がほころんできています
2019.02.01工事情報
知恩院工事情報知恩院の御影堂がきれいになりました
2019.02.01工事情報
清水寺工事情報清水寺の外陣が元に戻っています
2019.02.01工事情報
仁和寺工事情報観音堂の修復が終わりました
ページトップへ